HARA CLINIC Urology&Nephrology

〒590-0012
大阪府堺市堺区浅香山町3-4-28

電話番号072-228-2266

堺市で性機能障害(ED)、勃起障害、性病、パイプカット、尿失禁など泌尿器科なら、大阪府堺市堺区の「はら腎・泌尿器科クリニック」

問診表ダウンロード
男性用問診表
女性用問診表

左のQRコードを読み込んで頂くと携帯サイトがご覧頂けます。

よくある質問

Q.おしっこに血が混ざるのですが。
A.目で見て赤いおしっこを「肉眼的血尿」と言います。
「肉眼的血尿」が出たときには、とにかく泌尿器科を受診してください。

「おしっこしても痛くないから」とか、「自然に止まってしまったから」とかで、来院されない方もみえますが、結石、ガンなど、早く治療しないといけない病気が、隠れている可能性が高いのです。

とにかく診せてください!
Q.おしっこの回数が多い!勢いがない!
A.1日に10回以上トイレにいかれる方、または、夜中に2回以上トイレに行くという方は“回数が多い”と考えられます。(世界的に泌尿器科の基準となってます)

おしっこを出すためには、2つのことが必要です。
  1. おしっこの通り道がきちんとしている。
    (狭くなったりしていない)
  2. おしっこを押し出す力がきちんとある。
    (お腹に力をいれなくても尿が出る)
おしっこの通り道(尿道:にょうどう)が狭くなったりすると、おしっこの勢いが無くなります。そしてたまったおしっこを全部出すことが困難になり、おしっこを貯める袋(膀胱:ぼうこう)におしっこが残ってしまいます。これを残尿といいます。
残尿が増えると、1回のおしっこの量がへってしまい、何度もトイレに行くこととなります。
Q.おしっこが漏れるのですが。
A.咳をして“おしっこ”が漏れたり、「おしっこに行きたい」と思ったら、すぐに行かないと漏れてしまう方がおられます。このように“おしっこ”が漏れてしまうことを“尿失禁”と呼んでいます。このような方は数十万人いると言われています。

原因は、尿を漏れないように保持する筋肉が弱っていたり、尿を貯める膀胱が過度に緊張していたりと、様々考えられます。

治療は、簡単な体操だけで治るもの、薬を内服するとよくなるもの、手術を必要とするものがあります。手術は入院せずに外来で20分ほどでできるものから、3~7日入院が必要なものがあります。
Q.最近勃起が不十分に思うのですが。
A.ED(勃起不全)で悩んでいる方は決して少なくありません。
バイアグラ発売以来、当院でも48人の患者様に投与してきました。年齢分布は20歳代2人、30歳代4人、40歳代5人、50歳代18人、60歳代15人、70歳以上3人と、やはり50歳代以降に多いようです。

20歳代、30歳代の方は大体1~2度のバイアグラ投与で、EDが改善するのか、長期間取りにみえる方は少ない。やはり定期的に取りにみえるのは50歳代、60歳代の患者様のようです。しかし、当院でも最も若い方は25歳、最も高齢の方は75歳。もしEDでお困りなら、年齢は気にせずに、一度ご相談ください。
Q.風俗でも性病はうつるの?
A.うつります。
淋菌、クラミジアは男性では咽頭(のど)、尿道、肛門に、女性では咽頭、膣、肛門につくことができます。そのためオーラルセックスでもうつるのです。オーラルセックスで感染した場合、潜伏期間が長くなったり、症状が乏しかったりするので、むしろ診断・治療が困難な事もあります。

「このページ」に関するお問い合わせは072-228-2266まで電話ください

PAGE TOP